埼玉県内の戸建て住宅や空き家の解体工事を実施してお客様の新生活をサポートします

お問い合わせはこちら

埼玉の解体・有限会社瀧澤土建の口コミ情報

主に木造の戸建て住宅の解体作業を埼玉県で請け負います

埼玉の解体・有限会社瀧澤土建の口コミ情報

埼玉県内に建っているマイホームや空き家の解体作業や、内装リフォーム時の取り壊し作業を請け負っており、壊すことから始まる新しい生活をサポートしてまいります。
住み慣れたマイホームを取り壊すことは非常に勇気が必要な方もいらっしゃり、済む人がいない空き家を取り壊すにしても今後の税金のことや土地の処遇を改めて検討する必要があり、内装リフォームで新たな気分で生活を楽しめるよう慎重かつ大胆に取り壊しを進めていきます。


埼玉県内で住み慣れた思い出のマイホームの解体作業はお任せ

お客様にとって、数々の思い出が詰まっているであろうマイホームの取り壊しを承ります。実際に取り壊す段階になったときに色々と思い出が溢れてくる方も中にはいらっしゃるかもしれません。子どもの頃おやつを取り合ってケンカしたこと、身長が伸びるたびに柱に傷を付けて記録していたこと、仕事で初月給をもらって意気揚々と帰宅したときのことなど、これらの思い出は決して消えることなく心の中で生き続けます。
このようなお客様の想いに寄り添いながら、取り壊し工事も心を込めて進めさせていただきます。顔馴染みのご近所様への支障も限りなく少なくするよう騒音を小さく、粉塵を飛散させないプロの技術で仕上げてまいります。取り壊し後に新しく建つ家が地盤にしっかりと馴染むよう、瓦礫なども地中まで丁寧に取り除き綺麗に均して、お客様にお引き渡しします。思い出が詰まったその土地の新しい門出を、お客様と一緒に祝福させていただきます。

埼玉県内に空き家をお持ちの方の税金対策に解体工事で対応

2015年の「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施工されてからは、空き家を持つことでそれまで受けることができていた、固定資産税・都市計画税の減税措置が受けられなくなるケースも出てまいりました。この住宅用の建物が建ってい場合においての減税措置が元で空き家が増えてしまったことを懸念しての法律で、倒壊の危険や衛生上の問題が見られる空き家に関しては減税対象外となりました。
中には空き家がゴミ屋敷となり、虫と異臭が漂う劣悪な環境になってしまっているところもあるので、空き家で何かしらの支障を出さないためにも、空き家は取り壊して必要があれば土地を手放すことで、固定資産税などの維持費のみの出費をなくすことをおすすめいたします。工事終了後はしっかりと「滅失証明書」を発行いたしますので、受け取ってから1ヶ月以内に法務局で建物がなくなったことを証明する手続きを行ってください。

埼玉にて内装部分の解体でリフォームをお手伝いいたします

解体業務を埼玉県内で請け負っているといっても、建物全体の取り壊しに限定してはおりません。内装リフォームを実施する際に、該当する壁などを取り壊す必要があり、そのような部分的な施工も請け負っています。たとえば壁を取って二部屋を一つの部屋として繋げる内装リフォームがあった場合、壁を取り壊していくにも必要なところのみに絞って行う必要があります。このように隣の残す壁にヒビを入れないように細心の注意を払いながら取り壊していく作業には、壁を壊していく大胆さに部分的に壊していく繊細さを求められます。
創業してから30年以上もの間培ってきた確かな取り壊しの技術を有しており、10年20年近くも会社に尽くしてくれたベテラン社員が丁寧に内装を取り壊していきますので、内装リフォーム時の繊細な取り壊し業務においても安心してお任せください。理想的な内装を完成させるお手伝いをさせていただきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。